不動産選びはいかに?だまされないための予備知識

引越の際には部屋選びに悩むものですが、同時に、“不動産会社選び”にも悩んだことはないでしょうか?ひとつの物件に対して不動産会社が複数存在していることが多く、不動産会社の対応や強みもさまざまです。

部屋を探してる人、これから契約する人、マンションを買おうとしてる人、マンションを売ろうとしてる人、投資物件を探してる人などなど。
不動産にまつわることでいろいろな相談を受けます。

では何を基準に不動産会社を選べばいいのでしょうか?賃貸における不動産会社選びのポイントについて考えてみます。

●複数の不動産会社や不動産情報サイトを見て回ったとき、物件のダブリがあるのはなぜ?

引越を検討する際、まずは不動産情報サイトにアクセスし、物件を検索する方は多いでしょう。
仮に不動産情報サイトAを見たときに「グランドゥール 立川 新築」という物件を見つけたとします。別の不動産情報サイトBを見たときにも「グランドゥール 立川 新築」が掲載されていた…。これと同じような物件のダブリに遭遇した経験は少なくないでしょう。同じように、街の不動産会社を複数店回ったときにもダブリが発生することもあります。
加えて、不動産情報サイトで特定の物件を見たとき、その詳細情報の欄に以下のような、たくさんの仲介業者が紐付いている場合があります。


当店ですぐにご案内できます!初期費用の分割払いにも対応しています

[(株)○○不動産]

渋谷区の賃貸探しは弊社へお気軽にお問い合わせください!

[株式会社○○ハウス]

鍵交換代20000円! 部屋探しは弊社にお任せください!

[アムール○○株式会社]

このようなダブリはなぜ発生するのでしょうか。その理由に触れる前に、まずは私たちが部屋を借りるときに関わる業者について押さえておきましょう。おおまかに分けて以下のような業者が登場します。

●大家(オーナー)
部屋やマンションなど不動産の所有者。

●管理会社
大家に委託され、部屋やマンションの管理やメンテナンスなどを行う業者。大家自ら、管理やメンテナンスを行うこともあります。

●仲介業者
「部屋を貸したい」と思っている大家や管理業者から依頼を受け、入居者の募集や紹介を行う業者です。なかには管理業務と仲介業務のどちらも行っている業者もいます。今回は、この仲介業者を「不動産会社」と定義しています。

●不動産情報サイト
物件を紹介している情報サイト。

では、冒頭部分でお伝えした「物件のダブリ」や「仲介業者がたくさん紐付いている状態」が起きる理由ですが、この背景には通称「レインズ」と呼ばれるデータベースの存在があります。レインズとは、宅地建物取引業法に基づき国土交通大臣が指定した指定流通機構のこと。簡単に言えば、登録している業者のみが閲覧することができる物件のデータベースのことです。つまり、先ほど一例としてご紹介した「グランドゥール 立川 新築」という物件があった場合、この物件は、レインズに登録している仲介業者であれば、お客さんへご紹介ができるということです。

ユニットバスのリフォームを考ええませんか?

ユニットバスとは?

ユニットバスとは、家やホテルなどの現地に直接つけるお風呂とは異なり、工場で浴槽や天井、壁、床などをパーツごとに製造し、そのあと、現地で組み立てて設置するバスルームのことで、「浴槽と床、天井のつなぎ目部分が一体化されている浴室」を指します。

特徴としては、防水性が高く、水漏れのリスクが少ないという特徴があります。
設置コストが低く、パーツを工場で一括で制作することから、品質に差が出ない、などのメリットもあります。
また、ユニットバスは、2点ユニットバスと3点ユニットバスの2種類に分かれます。

2点ユニットバスとは、お風呂と洗面台が同じ空間にあるものです。

3点ユニットバスは、ユニットバスに洗面台とトイレが一室に収まっています。
一般的には、こちらをイメージする方が多いと思います。

ユニットバスが古い?リフォームを考えよう

お風呂のリフォーム時期の目安は20年と言われています。年数が数十年経過すると浴室内部にカビや汚れが目立ちだすタイミングです。
お風呂場の経年劣化による土台部の腐食やその他シロアリの被害などがある場合、余分な工事費用が掛かります。
また設備によっては、光熱費がかさむこともあります。

お風呂のリフォームの時期を知らせるサイン
1.築年数が十年以上経過してメンテナンスを一度もしていない
2.床がぶよぶよしている
3.ヒビワレ、サビが出ている
4.カビが繁殖してきた。
5.排水溝の掃除をしても、水が流れにくい、異臭がする。
6.お風呂の外の壁に水が染み出た跡がある

以上のサインが出てきますと、リフォームのタイミングです。

横浜でユニットバスリフォームを行うなら、「ホームプロ」加盟店の株式会社PLUSONE(プラスワン)がおすすめです。

おすすめの理由

1.迅速な対応

事例(Aさん):急なリフォームを依頼しましたが、担当の方が、その日に、リフォームが必要な点などを指摘の上、その場で見積を出してくださりました。近隣の方や管理会社への連絡も早急に担当者が行ってくれました。

2.丁寧な対応
事例(Bさん):初めてのリフォームで不安でしたが、担当スタッフが、住宅設備やリフォームの段取りに詳しく、安心してお任せできました。また、営業スタッフの対応も細やかで丁寧な配慮をいただき、気持ちよくリフォームができました。

3.安心の仕上がり
事例(Cさん):営業スタッフから提案で進めていきましたが、こちらの期待以上の仕上がりになりました。バスタイムが楽しみになりました。

 

XM初心者のために! 押さえておくべき基礎知識をご紹介!

XM初心者のために! 押さえておくべき基礎知識をご紹介!

これを見てXM口座開設の参考にしましょう!!

初心者が見落としがちなXM口座タイプの特徴

XMには口座が3タイプあるので、初心者の中には何を選ぶべきか迷う方も多いでしょう。
ここでは、XMの初心者の方が見落としがちなポイントを中心に解説していきます。
ご存知のようにXMには3つの口座タイプがあります。
1. マイクロ口座
2. スタンダード口座
3. ゼロ口座

XMマイクロ口座は予算額が小さい投資家向けに設計されています。
小ロットでの取引ができるので初心者の方にオススメです。

XMマイクロ口座の特徴

・レバレッジ:888倍
・口座開設ボーナス:3000円
・入金ボーナス最大:50万円
・1ロットあたりo.33ドル~o.66ドルのXMポイント獲得
・最低入金額:500円~

マイクロは小資金で初心者の練習用に最適
マイクロは、レバレッジや取引条件などは、スタンダードと同じですが、一番の大きな違いは、取引ロット単位の違いです。
スタンダードの1ロットが10万通貨に対して、マイクロの1ロットはわずか1000通貨です。
しかも0.01ロット(10通貨)から取引可能なので、もっとリスクを抑えることもできます。
この理由で、マイクロ口座は、練習用に最適と言われていますが、練習だけならデモでもできるはずです。

XMで一番開設する人が多い人気口座は「スタンダード口座」です。
レバレッジが最大888倍で、ボーナスも3種類全て受け取ることができ、初心者から上級者まですべてのニーズを満たしています。

スタンダード口座の特徴

・レバレッジ:888倍
・口座開設ボーナス:3000円
・入金ボーナス最大:50万円
・1ロットあたり3.3ドル~6.6ドルのXMポイント獲得
・最低入金額:500円~

スタンダードは優遇されたフルスペック口座
スタンダードはUS2万ドル(約200万円)以内の資金をハイレバレッジでトレードしたいと思う人にとっては、最適な口座です。
また、マイクロの時にあった取引上限は50ロット(500万通貨)まで拡大されて、質量ともに充実し、プロトレーダーたちの使用にも耐えるハイエンドスペックです。

ボーナスなしのシンプル設計の口座タイプ「XM ZERO口座」
1ロットで往復10ドルの取引手数料が掛かりますが、スプレッドが狭い設計となります。
ボーナスやポイントを受け取れない条件ですが、コスト面だけで見ると経済的です。

ZERO口座の特徴

・レバレッジ:500倍
・口座開設ボーナス:3000円のみ
・入金ボーナス&XMポイントなし
・スプレッドが非常に狭い(0.1pips~)
・取引手数料:往復10ドル/lot
・最低入金額:2万円~

XMゼロ口座の手数料は各通貨ペアごとに違う

ゼロ口座が優遇されているポイントは、ずばりスプレッド。
しかし、スプレッドが狭くなるかわりに、取引ごとに手数料を支払います。
手数料の計算方法ですが、ネット上では間違って往復一律10USドルと掲載しているサイトも多いのですが、実際は通貨ペアと取引ロット数に応じて異なります。

【東大和市で新築住宅を探し】不動産会社の選び方をご紹介

不動産選びに関しては東京都東大和市は市内に東大和市駅を中心に市街地が広がっており、都内各地への通勤や通学にとっても便利です。新築住宅を探す方法は信頼できる不動産会社を探し、今後の生活のスタイルを考えて安心して暮らせる物件を選ぶことができると満足できます。

東京都大和区では、自然が広がっているため静かにリラックスして暮らしていくことができます。そのためにんきがとても高くなっています。

この東大和区の新築物件をおさがしであれば、そこには間違いなく、不動産会社のスタッフの力が欠かせません。ほかにも口コミなどを参考にしてみるのもいいかもしれません。

東大和市周辺は幹線道路が多いために自動車を持っていると場所を選ぶ時の選択肢を広げることができ、きちんと土地の価格の動向を確かめて決めると安く購入することができるかもしれません。不動産会社を選ぶポイントは今後の生活を安心して暮らせるように相談できるように決め、今後の人生を安心して暮らせる物件を見つけていければいいと思います。

東京都東大和市で新築住宅を探す時の不動産会社の選び方は利用者の口コミを参考にして気軽に相談できるように決め、今後の生活に役立てるように物件を選ぶ時に疑問点を解消できるように決めると自分に適した物件を探せます。

不動産会社を選ぶ基準は何?

便利なウェブサイトを使えば、どの仲介業者でも物件の情報を閲覧でき、お客さんに紹介することができます。つまり、持っている情報はどこであっても同じなので、どのような基準で不動産会社(仲介業者)を選択すればいいか迷ってしまうでしょう。そこで今回は、多くの人が利用するであろう、地元に根付く地域密着型の不動産会社メリットとデメリットを見てみたいと思います!

地域密着型の不動産会社の特徴

こちらを選ぶメリットは、家賃の値下げ交渉がとても有利に働く場合があることです。地域密着型のほとんどはその街に昔からありますから、部屋を貸し出している大家と長い付き合いがあることもしばしば。その場合、大家の特徴を理解している分、家賃の交渉がしやすくなる可能性があります。また、通常は表に出ていない掘り出し物件を紹介してくれる可能性もあります。
ちなみに、掘り出し物件を探すならば、仲介業者と管理業者を兼ねている不動産会社もおすすめ。管理している物件に空室が出た場合など、早い段階に紹介してもらえる可能性もあるからです。そのような業者で、広い地域を管理している業者に登録しておくのもいいかもしれません。例えば武蔵村山の新築不動産を探しているときに、そういった業者に登録しておけば広い範囲から思わぬ物件が見つかるかもしれないからです。

一方でデメリットも存在します。例えば、大家との繋がりを重要視している場合には、接客時に借主側の印象が悪いと判断された場合には物件を貸してくれないことも考えられるでしょう。

介護保険制度の仕組みをわかりやすく解説

介護保険はとはどのような保険?

介護保険は要介護者に必要な費用をくれる保険です。

保険なので、皆で保険料を負担して、必要な方に給付するという仕組みです。どんな保険でも同じですが、給付を受けるにはたくさんの手続きをする必要があり、受けられるか審査もあります。

制度の保険者は、全国の市町村と東京23区(以下市区町村)で、保険料と税金で運営されます。

サービスを受けるには基本的には原則1割の自己での負担が必要です。但し、前年度の所得によって、自己での負担率が2割もしくは3割になることもあります。

保険料の支払いは何歳から、いくら払うの?

保険を受けるためには保険料を支払う必要があります。40歳になると介護保険に加入が義務付けられ、保険料を支払うことになります。

40から64才までの被保険者は加入している健康保険と同時に徴収されます。個別の保険料の決め方には各健康保険組合によって違いがあります。

職場の健保、共済組合の医療保険に加入されている方は、給与に介護保険料率を掛けて算出され、事業主がその半分を負担します。

介護保険料率は健康保険組合によって異なります。さらに医療保険と同じように被扶養配偶者は収める必要がありません。

国民健康保険に加入している方の場合は、所得割と均等割、平等割、資産割の4つを自治体の財政により独自に組み合わせて計算され、介護保険料率も異なります。

所得割は世帯ごとに被保険者の前年の所得に応じて算出されます。

65歳以上の被保険者は、原則として年金からの天引きで市区町村が徴収します。

しかし、介護設備の整備状況や要介護者の人数など、自治体によってさまざまなので、自治体ごとに金額が違います。

負担が大きくなりすぎないように、また、低所得者の保険料軽減のために国の調整交付金が使われています。

どんなサービスが受けられるの?

主に受けられるサービスは下記の通りになります。

  • 生活援助(家事支援、掃除や洗濯、皿洗いなどの代行)
  • 身体介護(お風呂、トイレなのどの支援)
  • 訪問看護(要介護者の健康状態や血圧の確認など)