家庭用蓄電池は早めに準備をしていこう

これからの時代は家庭用蓄電池が必要になる??

いつどんな時に災害が来るかわからないので備えのためにも電力の蓄えは必要になる。災害になって困るのは電気の供給がなくなること。今の時代は、IHやスマホ、自動ドア、エレベーターなど電気に頼った文明が多い。どれも日常生活には必要なものが多く電気の需要はますます重要な時代になってきている。
急な災害に備えるためにも、発電電力を自家消費することを検討すべきだと感じる。発電電気を行うことは、電気の蓄積だけでなく色々なメリットがある。
電気代が安い夜間の間に電気を貯めて、昼間に消費することで電気代を節約することができる。
太陽光発電とオール電化に変えることで、発電後の余った余った電気を電気会社にあることで売電も可能となります。
電気を自家発電することで、電気を買うという時代が終わるかもしれません。

家庭用蓄電池の価格はどのくらいなの?

家庭用蓄電池の導入を検討している方の気になることが価格だと思います。
家庭用蓄電池の導入には、本体費用の他に設置費用などの諸費用もかかってきます。
本体価格の相場は、メーカーや容量、機能、寿命、保証などによって変わります。
家庭用蓄電池の価格相場は普及も進んだこともあり、平均は90〜200万円くらいで導入できます。
90万円くらいの安いものだと、スマホやパソコンの蓄電に使えるくらいです。また、太陽光発電を貯めることができないといった機能に制限がかかります。100万を超えてくると、家庭用家電を使用できるくらいの蓄電はありますりまた、太陽光発電を貯めることもでき蓄電容量も上がります。災害時にも電気を使いたいのであれば、100万以上の家庭用蓄電池をおすすめします。

家庭用蓄電池はこれからの社会に必要なモノ

こらから家庭用蓄電池の需要は高まります。
災害の多い日本において、急な停電にも蓄電池があれば非常用電気として対応できます。製品にもよりますが、物によっては停電時に使いたい家電製品を選択しておけば24時間使用可能といった万能な商品もあります。
ご家庭の事情によっては、どうしても電気が必要なことや命に関わるなんてこともあるあるはずです。
こんなとっさの時に電気がなくなると不安になるのではないでしょうか。
自家消費できる家庭用蓄電池があれば、電気の控えがあると思え心強いのではないでしょうか。
オール電化を使用しているご家庭においては、電気をあまり使わない夜に貯めて昼に使用することで電気代を差額分お得になります。
家庭用蓄電池をご検討の方は検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です