介護保険制度の仕組みをわかりやすく解説

介護保険はとはどのような保険?

介護保険は要介護者に必要な費用をくれる保険です。

保険なので、皆で保険料を負担して、必要な方に給付するという仕組みです。どんな保険でも同じですが、給付を受けるにはたくさんの手続きをする必要があり、受けられるか審査もあります。

制度の保険者は、全国の市町村と東京23区(以下市区町村)で、保険料と税金で運営されます。

サービスを受けるには基本的には原則1割の自己での負担が必要です。但し、前年度の所得によって、自己での負担率が2割もしくは3割になることもあります。

保険料の支払いは何歳から、いくら払うの?

保険を受けるためには保険料を支払う必要があります。40歳になると介護保険に加入が義務付けられ、保険料を支払うことになります。

40から64才までの被保険者は加入している健康保険と同時に徴収されます。個別の保険料の決め方には各健康保険組合によって違いがあります。

職場の健保、共済組合の医療保険に加入されている方は、給与に介護保険料率を掛けて算出され、事業主がその半分を負担します。

介護保険料率は健康保険組合によって異なります。さらに医療保険と同じように被扶養配偶者は収める必要がありません。

国民健康保険に加入している方の場合は、所得割と均等割、平等割、資産割の4つを自治体の財政により独自に組み合わせて計算され、介護保険料率も異なります。

所得割は世帯ごとに被保険者の前年の所得に応じて算出されます。

65歳以上の被保険者は、原則として年金からの天引きで市区町村が徴収します。

しかし、介護設備の整備状況や要介護者の人数など、自治体によってさまざまなので、自治体ごとに金額が違います。

負担が大きくなりすぎないように、また、低所得者の保険料軽減のために国の調整交付金が使われています。

どんなサービスが受けられるの?

主に受けられるサービスは下記の通りになります。

  • 生活援助(家事支援、掃除や洗濯、皿洗いなどの代行)
  • 身体介護(お風呂、トイレなのどの支援)
  • 訪問看護(要介護者の健康状態や血圧の確認など)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です