もう壊さない!スマホコーティングを使ってみてそう確信した話

大切なiPhoneをうっかり壊してしまった

やはり、購入したばかりでありましたので、「買ったばかりだったのに!」と思ってしまい、「なぜもっと慎重に扱わなかったのか?」と言う自責の念に囚われる形となりました。やはり、スマホが自分自身の一番の自慢できる要素の一つでありましたので、傷がついた瞬間に自分自身が傷ついたような感覚でありましたので、そのようなショックはあまり経験したくないと思いました。また、どの商品でもそうですが、買ったばかりの物が傷ついてしまった時は大変ショックを受けます。

スマホコーティングを知っていいことだらけ

私が、ハルトコーティングを知ってから、家庭内でよくスマホを落下させたり、無意識にテーブルの上にスマホを置いて、落下させてしまうことがありますので、そのような無頓着な性格は改善することは非常に難しい状況でありましたので、スマホのガラスコーティングを実施することにしました。ハルトコーティングをすることで、9H硬度の硬さを得られることは、よくスマホを落下させてしまう私につきましては、大変喜ばしい内容でありました。また、ハルトコーティングの特徴としましては、超極薄でありまして、その厚さは、厚さ0.002~0.003ミリメートルで、超硬度としまして、防弾ガラス由来の9H硬化ガラスであり、更に、超広範囲としまして、表・裏・側面 全面隙間なし等のメリットがあります。

G-PACKスマホコーティングはどうなの?

私が感激したGーPACKとしましては、ハルトコーティングを上回る硬度のスマホコーティングで、10Hの硬度があります。この内容としましては、非常に素晴らしい強度を誇る内容としまして、直径2cmの鉄球を、150cmの高さから落下させても、傷つかず実際のテストにも割れずにクリアしていると言う驚愕の内容でありました。更に、指紋や汚れもふき取り易く、コーティングによって、皮脂やファンデーション等も付きにくく、付着した汚れもサッと一吹きでピカピカになることは素晴らしい内容であると思いました。更にG-PACKは、航空機や、新幹線の外装コーティングにも使われている安全で強度な素材でありますので、これからはスマホコーティングの時代であることを証明してくださる非常に頼りになるスマホコーティングのG-PACKであると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です