不動産選びはいかに?だまされないための予備知識

引越の際には部屋選びに悩むものですが、同時に、“不動産会社選び”にも悩んだことはないでしょうか?ひとつの物件に対して不動産会社が複数存在していることが多く、不動産会社の対応や強みもさまざまです。

部屋を探してる人、これから契約する人、マンションを買おうとしてる人、マンションを売ろうとしてる人、投資物件を探してる人などなど。
不動産にまつわることでいろいろな相談を受けます。

では何を基準に不動産会社を選べばいいのでしょうか?賃貸における不動産会社選びのポイントについて考えてみます。

●複数の不動産会社や不動産情報サイトを見て回ったとき、物件のダブリがあるのはなぜ?

引越を検討する際、まずは不動産情報サイトにアクセスし、物件を検索する方は多いでしょう。
仮に不動産情報サイトAを見たときに「グランドゥール 立川 新築」という物件を見つけたとします。別の不動産情報サイトBを見たときにも「グランドゥール 立川 新築」が掲載されていた…。これと同じような物件のダブリに遭遇した経験は少なくないでしょう。同じように、街の不動産会社を複数店回ったときにもダブリが発生することもあります。
加えて、不動産情報サイトで特定の物件を見たとき、その詳細情報の欄に以下のような、たくさんの仲介業者が紐付いている場合があります。


当店ですぐにご案内できます!初期費用の分割払いにも対応しています

[(株)○○不動産]

渋谷区の賃貸探しは弊社へお気軽にお問い合わせください!

[株式会社○○ハウス]

鍵交換代20000円! 部屋探しは弊社にお任せください!

[アムール○○株式会社]

このようなダブリはなぜ発生するのでしょうか。その理由に触れる前に、まずは私たちが部屋を借りるときに関わる業者について押さえておきましょう。おおまかに分けて以下のような業者が登場します。

●大家(オーナー)
部屋やマンションなど不動産の所有者。

●管理会社
大家に委託され、部屋やマンションの管理やメンテナンスなどを行う業者。大家自ら、管理やメンテナンスを行うこともあります。

●仲介業者
「部屋を貸したい」と思っている大家や管理業者から依頼を受け、入居者の募集や紹介を行う業者です。なかには管理業務と仲介業務のどちらも行っている業者もいます。今回は、この仲介業者を「不動産会社」と定義しています。

●不動産情報サイト
物件を紹介している情報サイト。

では、冒頭部分でお伝えした「物件のダブリ」や「仲介業者がたくさん紐付いている状態」が起きる理由ですが、この背景には通称「レインズ」と呼ばれるデータベースの存在があります。レインズとは、宅地建物取引業法に基づき国土交通大臣が指定した指定流通機構のこと。簡単に言えば、登録している業者のみが閲覧することができる物件のデータベースのことです。つまり、先ほど一例としてご紹介した「グランドゥール 立川 新築」という物件があった場合、この物件は、レインズに登録している仲介業者であれば、お客さんへご紹介ができるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です