不動産会社を選ぶ基準は何?

便利なウェブサイトを使えば、どの仲介業者でも物件の情報を閲覧でき、お客さんに紹介することができます。つまり、持っている情報はどこであっても同じなので、どのような基準で不動産会社(仲介業者)を選択すればいいか迷ってしまうでしょう。そこで今回は、多くの人が利用するであろう、地元に根付く地域密着型の不動産会社メリットとデメリットを見てみたいと思います!

地域密着型の不動産会社の特徴

こちらを選ぶメリットは、家賃の値下げ交渉がとても有利に働く場合があることです。地域密着型のほとんどはその街に昔からありますから、部屋を貸し出している大家と長い付き合いがあることもしばしば。その場合、大家の特徴を理解している分、家賃の交渉がしやすくなる可能性があります。また、通常は表に出ていない掘り出し物件を紹介してくれる可能性もあります。
ちなみに、掘り出し物件を探すならば、仲介業者と管理業者を兼ねている不動産会社もおすすめ。管理している物件に空室が出た場合など、早い段階に紹介してもらえる可能性もあるからです。そのような業者で、広い地域を管理している業者に登録しておくのもいいかもしれません。例えば武蔵村山の新築不動産を探しているときに、そういった業者に登録しておけば広い範囲から思わぬ物件が見つかるかもしれないからです。

一方でデメリットも存在します。例えば、大家との繋がりを重要視している場合には、接客時に借主側の印象が悪いと判断された場合には物件を貸してくれないことも考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です